読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじめから我が子を救い出すには

我が子がいじめを受けていることを知ったら貴方はどうしますか。いじめ防止対策推進法第2条のいじめの定義には「当該行為の対象となった自動等が心身の苦痛を感じているものをいう」とある。しかし、学校という限定したエリアで起こる行為に加害者も、他の生徒も、教師も、教育委員会も、知らなかったフリをして逃げ保身に走ります。その間にもエスカレートし最悪の事態に陥る可能性が高まります。「学校に任せて待っていたら子供の心と身体は壊れてしまいます」可愛い我が子を守るには貴方が確かな証拠を掴んで、逆襲する気概で立ち上がりましょう

イジメ表面化の半年経過後に「重大事態」認定!豊田市教委

深刻ないじめを届出てこない事例が多くあり、文科省が調査の内容を見直すことを教育委員会などに通知したことから、表面化したことで豊田市教育委員会の認識は・・・。

 

いじめが始まったのは入学直後の昨年五月。
同級生から「鬼ごっこ」と称して嫌がらせを受けたことを契機に、教室内で脚を掛けられたり、肩をぶつけられたりするようになった。
上履きを移動させられたほか、後ろから蹴られるなどの暴行や「きもい」「変態」などの暴言も続いた。
生徒は九月以降、一部の授業しか出席できなくなった。

 

生徒は十月、母親に「布団で窒息死できるか試した」と自殺をほのめかした。
十一月初旬には泣きながら「電車に飛び込む」と自宅を飛び出し、駅近くで母親が見つけ引き留めた。
母親は「このままでは自殺しかねない」と追い詰められ、その都度、学校や市教委へ訴えていたが、いじめが続き、私立中学への転校を選んだ。
生徒は精神的に不安定な状態が転校後も続き、精神科に通院した。

 

豊田市立中の被害生徒がいじめに苦しんで自殺をほのめかしていたことを、母親からの連絡で学校と市教委は把握していた。
だが市教委によると、完全な欠席日数が目安以下の十六日だったことなどから、母親の申し立てを受けるまで、重大事態と捉えていなかった
中1男子、いじめ受け転校 豊田市教委、半年経て本格調査

愛知県大丈夫?
参考:愛知県いじめニュース


母親の勇気ある決断が最悪の事態を防ぐことができました。
学校では「いじめ」で片付けますが、一般社会では『暴行障害』の犯罪です。

学校や教育委員会が犯罪を見過ごすなら、実績と信用のある専門家を選んで相談することをお勧めします。

[ 探偵事務所・興信所の最良の選び方 ] を参考に、実績と信用のある専門家に無料で相談できますので深刻な事態を招く前に是非ご利用ください。